一般中古販売店で選ぶ

一般中古販売店とディーラー系列中古販売店

中古車を販売している中古車業者には種類がそんなにないと考えている人も多いですが、そのようなことはありません。一般的な中古車販売店のほかに、ディーラー系列中古販売店というものがあります。一般中古販売店は、車の市場でもあるオートオークションをはじめとして一般の人からの中古車買い取りから車を仕入れてきます。それに対して、ディーラー系列中古販売店というものは、新車の下取りをすることによって車を仕入れてくるということが大きな違いです。そのため、ディーラー系列中古販売店では、比較的状態の良い方の古い車を購入することができる、そしてディーラー系列ということで信頼感が高いという点をメリットに感じて選ぶ人が多くいます。

一般中古販売店のメリット

ディーラー系列中古販売店の方が、一般中古販売店よりもメリットが大きいと感じる人も多いですが、必ずしもそうとは限りません。一般中古販売店の方がお得に購入できるケースも多いです。一般中古販売店のメリットのひとつは、ディーラー系列中古販売店よりも価格が安いことが多いということです。ディーラー系列中古販売店では、基本的に新車を購入してもらいたいため、中古車でも価格が高く設定されていることが多いです。値引きの交渉をすることも難しいため、価格は高いでしょう。また、ディーラー系列ならば素性がはっきりしているので安心といわれますが、業者間オークションで仕入れることもあるので、信頼性は一般中古販売店と大きく変わりません。費用の面から見ると一般中古販売店の方がメリットが大きいです。

カーリースの大きなメリットは、車を固定資産として計上するのではなく、月々リース料として経費計上できる為、その分節税に繋がる点です。その為多くの企業でこの方法が活用されています。