中古車を購入する際の注意点

事前に各パーツのチェックを行う

中古車を購入する上で重要となるのがパーツ類のチェックです。消耗品である車は使い続けることでパーツ類は劣化して行きます。中古車販売業者は買取の段階で問題がないか最低限のチェックは行いますが、人の手でやる以上はうっかり見落としてしまうケースも少なくありません。見た目に問題がないからといってそれだけで判断をするのではなく、パーツ類に問題がないかを確かめることが大切です。特にエンジンの状態、アクセル、ブレーキ類は実際に使ってみなければ分かりません。契約を交わす前に試乗をさせてもらって、エンジンのアイドリング、ブレーキの利き具合といった安全に走行できるかを調べることが基本となります。試乗を断られるお店は避けるのが無難です。

値段と走行性能を確認して折り合いをつける

新車にはない中古車ならではのチェックポイントの一つに走行距離があります。中古車は文字通り別のオーナーが使っていた中古品となるので、同じ年式や車種であっても使い方によって走行距離が異なるのが特徴です。中古車の価格はこの走行距離が大きく影響されます。走行距離が長いほど価格が安く設定されているため、できる限り費用を抑えて車を購入したい人は10万km前後のものを選ぶのがポイントです。ただし、走行距離に比例してエンジンの寿命も短くなるので、極端に長すぎる車を買ってしまうと数年も経たないうちに壊れてしまうケースも少なくありません。使い捨て感覚でその都度購入をするのであれば問題はありませんが、中古でも長く使いたい人は値段と距離の折り合いをつけることが大切です。

車のリースと言えば新車のイメージがありますが、中古車のリースがあるのをご存じでしょうか?新車と違い安価で利用出来ます。