安く購入できる時期とは

4月と5月に買うのが狙い目です

中古車は時期によって値段が変わります。もちろん、100万円安くなったりとかはありませんが、一番安い時期だと5万円から10万円くらいは変わります。この金額は結構大きいでしょう。中古車がもっとも安くなる時期は4月もしくは5月です。その理由は2月や3月に新車が販売される傾向があるからです。新車が販売されるようになると当然ながら新車を購入する人が多くなります。

また、それだけでなく、3月は自動車メーカーの決算月ということもあって、2月と3月は新車がもっとも安くなります。そういうことから、中古車の需要はどうしても下がってしまいます。経済は中古車に限りませんが、需要と供給のシステムで動いています。したがって、新車の需要が高まると中古車の需要が下がって中古車価格が落ちるわけです。

年明けの時期もおすすめです

年明けの時期も中古車価格が安くなる傾向があります。それというのも、車の年式が古くなるからです。年式が古くなるにつれて中古車の価格は落ちます。1月1日はいわば中古車にとっての誕生日のようなもので、この日を迎えると年式が1つ古くなるわけです。そのため、全体的に価格が安くなる傾向があります。また、この時期は年末年始の時期です。大型連休前は基本的に需要が高くて価格が高くなりやすいのですが、それが終わったら需要が落ちて価格が落ちやすくなります。そのため、年明けあるいは年末年始終わり頃が購入するときの狙い目でしょう。他にも、大型連休後という意味ではゴールデンウィーク後やお盆休みの後もおすすめの時期といえます。