自分に無理のない支払い方法と購入金額を決めておく

欲しい車は事前に市場販売価格を調べておきましょう

中古車には販売適正価格というものはありません。もちろん新車よりも高い金額で販売される中古車は稀ですが、決して安い買い物にはならないでしょう。中古車購入を検討した場合、まずは今どのくらいの値段で売っているのかを、ネットや雑誌などで調べておくのがおススメです。可能であれば、近所の販売店に見に行ってもいいかもしれません。

自己資金が少ない場合は、ほとんどの店でローンを組むことも可能です。なかにはボーナス併用プランを用意してくれているお店もあります。ローンを組む際に注意したいのが、月々の支払金額です。生活が破たんしないように無理のない返済金額でなくてはなりません。ローンの場合、返済可能な回数や期間も、お店ごとに調べておいて、無理のない返済計画を立ててからの購入が無難です。

購入金額の上限は設定しておきましょう

車というものは不思議なもので、見ているうちにどんどん状態が良く性能や装備に優れた車が欲しくなってくる人もいます。気持ちが先走るあまり、自分では到底払いきれないような高価な車の購入を検討してしまう可能性もゼロではありません。気持ちを優先するあまり生活が破たんしてしまっては元も子もないので、検討の際は最初に上限金額を決めておくことをお勧めします。金額さえ決まっていれば、その範囲でなるべくいい車を探すだけになりますので、経済的な負担を気にしなくて良くなります。

また購入する車の種類によって、購入後の維持管理費用が変わってきます。ガソリン代、車検代など、購入した後のことも考えた資金計画がとても重要になってきます。